ビザ申請・入管事件は行政書士よりも弁護士に依頼した方がいい

私は元行政書士で現在は弁護士として入管業務を扱っていますが、つくづく、ビザ申請を含む入管事件は弁護士に頼んだ方が良いなと思います。それは、行政書士に頼むよりも弁護士に頼んだ方が依頼者の利益になると思うからです。ここでは、なぜ、ビザ申請・入管事件を行政書士よりも弁護士に頼んだ方が良いと思ったのかを書きたいと思います。

 

①行政書士と弁護士では権限が全然違う

あらゆるビザ申請において、不安な点はあると思います。絶対に100%通ると保証できる事件はありません。限りなく確実視されるものは中にはありますが、専門家に依頼したいと思う事案ではなにかしらの不安があるのがほとんどだと思います。もし不許可になった場合、最終的な不服申し立て手続きは訴訟しかありません。訴訟はいうまでもなく弁護士の独占業務であり行政書士は代理人としてすることはできません。収容されている例をとってみても、訴訟を提起して収容の執行停止を求める方法がありますが、行政書士にはできません。在留特別許可では口頭審理が非常に重要な手続きになりますが、行政書士は代理人として立ち会うことができません。当然弁護士は全てができます。

この差は本当に大きいと思います。

不許可になった場合にほとんど何もすることのできない行政書士と、あらゆる法的手段を駆使することのできる弁護士のどちらに依頼すべきかは明白だと思います。私の体感ですが、行政書士の時より、弁護士として行くようになった今の方が入管職員の対応が良い気がします。

少なくとも私が外国人であれば行政書士ではなく弁護士に依頼するでしょう。

 

②行政書士と弁護士では信用が違う

 一部報道にありましたが、不法就労や偽装結婚に関与する行政書士が多く、警視庁と入管が連絡会議を設置して、問題のある行政書士を監視しているとか。。警察に監視されている士業は行政書士以外にはないのではないでしょうか。当然真面目に仕事をしている行政書士が大多数ではありますが、このダメージは大きいと思います。というのは、依頼者に迷惑がかかる可能性があるからです。つまり、行政書士に依頼したばかりに入管に怪しまれるという事態が起きないでしょうか?行政書士を通して申請するより本人で申請した方が怪しまれない。そんな事態が起きてもあかしくありません。それくらい、警察と入管が監視しているというダメージは大きいと思います。当然弁護士は監視されていません。

 

③法テラスが利用できる

 よく、行政書士より弁護士の方が費用が高いと聞きますが、少なくとも私のところでは、一般的な行政書士の費用と同じにしています。また、ここでも大きな差があるのですが、法テラスと契約している弁護士であれば法テラスを利用することができるということです。簡単にいうと、資力に乏しい方は費用を分割払いでやることが可能です。行政書士は法テラスとは契約できません。このように実質的にも弁護士の方が費用負担が軽いと思います。

 

思いつく限りで上げてみましたがいかがでしょうか?行政書士に頼む意味ってありますか?私はないと思います。同業者から聞いた話だと、外国人に弁護士を騙っている行政書士もいるとか。

行政書士なのか弁護士なのかしっかりと確認し、ビザ申請は弁護士に依頼するべきだと私は思います。

 

ビザ・入管事件については、元行政書士で入管VISA事件を多く取り扱っている弁護士永田洋子にご相談ください。

電話番号は0800-700-2323(フリーコール)

 

問い合わせフォーム

トップへ戻る

東京電話番号リンク 神奈川電話番号リンク 名古屋電話番号リンク