仮放免の手続き

仮放免とは、収容令書または退去強制令書により収容されている外国人について、一定の関係人又は職権で一時的に収容を停止し、収容を仮に解く手続きです。

 

申請権者:被収容者本人、代理人、保佐人、配偶者、直系の親族もしくは兄弟姉妹

申請相手:当該外国人が収容されている地方入国管理官署(入国者収容所長または主任審査官)

申請書類:仮放免申請書、申請理由書、身元保証書、誓約書、その他(住民票、収入に関する書類、住居近隣図等々)

保証金:入管法・入管規則が定める上限は300万円(未成年者は150万円)であるが、実務上は10〜数十万円程度の事案が多い。職権で仮放免の判断がされる場合は保証金が0円ということもあります。

 

収容・仮放免に関するご相談は、元行政書士で入管VISA事件を多く取り扱っている弁護士永田洋子にご相談ください。

電話番号は0800-700-2323(フリーコール)

問い合わせフォーム

トップへ戻る

東京電話番号リンク 神奈川電話番号リンク 名古屋電話番号リンク