法務大臣裁決、上陸特別許可

特別審理官の、上陸の条件に適合しないとの認定に不服がある外国人は、法務大臣(または権限の委任を受けた地方入国管理局長)に対して、認定の通知を受けた3日以内に異議の申出をすることができます(入管法11条1項)。

 異議の申出を受けると、法務大臣は、上陸審査手続きの終局的な判断として裁決を行います(入管法11条3項)。異議の申出に理由がある(上陸の条件に適合する)との裁決がなされた場合は、上陸許可がされます、異議の申出に理由がない(上陸条件に適合しない)が、特別に上陸を許可すべき理由があると認められた場合、上陸特別許可(入管法12条)により上陸が認められます。異議の申出に理由がないとされ、上陸許可も認められない場合には、退去命令が発布されます(入管法11条6項)。

 

上陸審査、上陸特別許可、査証(ビザ)、在留資格認定証明書に関するご相談は元行政書士で入管ビザ事件を多く取り扱っている弁護士永田洋子にご相談ください。

電話番号は0800-700-2323(フリーコール)

問い合わせフォーム

トップへ戻る

東京電話番号リンク 神奈川電話番号リンク 名古屋電話番号リンク